枚方市・八幡市のたけのわたる整体

 

お尻・下半身がしびれる・・

   

坐骨神経痛でこんな悩みありませんか?

いつもお尻に痛み・しびれがある
しばらく歩くと足の痛みで休みたくなる
カラダをかがめると痛いので靴下がはけない
横になっててもお尻や足が痛くて寝れない
立ってるだけでも足に痛み・しびれがある
病院でレントゲンを撮ったが、骨には問題ないと言われた
とりあえず
薬で様子を見ましょうと言われた
言われたまま薬を飲んでいるが、
変わらず痛み・しびれがある
出産後にお尻が痛くなって太ももにしびれが出てきた

あなたの悩みはたけのわたる整骨院が解決します

坐骨神経痛とは・・

まず初めに、坐骨神経痛とは「症状」の表現であり、病名ではありません。
「坐骨神経痛」の名前が示すとおり筋肉によって坐骨神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛と言います。

坐骨神経痛を感じる代表的な病名は、腰椎症・椎間板ヘルニア・腰椎分離症・腰椎すべり症などがあり、場所は、お尻・太ももの裏・太ももの前面・ふくらはぎがあります。どこか一部分だけに坐骨神経痛 症状を強く感じるケースもあれば、足に激痛が走り足全体に坐骨神経痛症状を強く感じるケースもあります。

坐骨神経痛はこの箇所にしびれが現れる

坐骨神経痛に伴う主な症状

1.腰の痛み、臀部の痛み
2.太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ
3.体を動かすと痛みやしびれが悪化する
4.痛みのため歩行が困難になる
5.足に力が入らなくなる

また、坐骨神経痛は筋肉・骨の強度が衰えてくる中高年の世代に最も多く発症する症状ですが若い世代の人発症も少なくありません。

坐骨神経痛の原因


1、腰椎椎間板ヘルニア

腰の骨と骨との間には「椎間板」というゼリー状のクッション材があります。この椎間板が何らかの原因により「ぷにっ」と出てしまい、その出たものが神経を圧迫して下半身に痛みやしびれを起こすというものです。
20~30代に多いです。
椎間板ヘルニアの説明

2、腰部脊柱管狭窄症

背中の骨(背骨)の中は空洞があり(脊柱管)、その中を中枢神経が通ってます。腰部脊柱管狭窄症とはその名の通り脊柱管が何かの原因で狭くなり、中の中坐骨神経が圧迫されて下半身に痛みやしびれを起こすというものです。
50代以降に多いです。

腰部脊柱管狭窄症の説明

3、梨状筋症候群

お尻の筋肉に「梨状筋」という筋肉があり、この筋肉が何らかの原因で硬くなったり引っ張られたりで坐骨神経が圧迫され下半身に痛みやしびれを起こすというものです。
全ての年代に起こりえます

梨状筋症候群の説明

坐骨神経痛を引き起こす悪い習慣

1、体に負担のかかる姿勢
左右のバランスが悪かったりすると、疲労が片側のみに集中し筋肉が疲労し、筋肉が固くなって神経を圧迫するという悪循環になります。

 

2、冷えを我慢している
カラダが冷えると筋肉はこわばり固くなります。筋肉が固くなると神経を圧迫するという悪循環になります。

3、肥満
体重が重いと、腰(椎間板)に負担が掛かりヘルニアの原因になったり、血液がドロドロになり脊柱管狭窄症の原因になったりします。

4、カラダが固い
筋肉が固くなると血管・神経を圧迫するという悪循環になります。

 

坐骨神経痛を改善するには

 

骨盤矯正を受ける

骨盤矯正

 

坐骨神経痛は筋肉の損傷とは違い、時が経てば治るというわけではありません。
何もしなければ痛みやしびれは生涯ずっと・・も当然あり得る事です。
効果的な薬もありません。痛みどめだけです。
かといって手術は大げさです(手術をしてもしびれが取れるかは50%)。

おススメは、保存療法(骨盤矯正)です。
カラダのゆがみを正常に戻し、神経が圧迫されてる箇所の負担を減らし、痛み・しびれを軽減していきます。
当院は坐骨神経痛の痛み・しびれの症状を何度も軽減してます。
時間は掛かる場合もございますが、お任せ下さい。

当院には八幡市・枚方市で坐骨神経痛にお困りの方がよくご来院されます。

 

坐骨神経痛の施術

 

坐骨神経痛 料金表

 

 

自分でする方法

骨盤矯正をしてカラダのゆがみを取り除いてから行うのが一番効果的ですが、お忙しい方はできる事から始めましょう。

「筋肉を柔らかくして血行を良くする」
「腰回りの筋肉の負担を減らしてあげる」事が2大前提になります。

、ストレッチ
運動不足やストレッチ不足などで筋肉がカチカチになってしまっていることも坐骨神経痛の大きな原因のひとつです。
毎日少しでも良いので継続的に簡単なストレッチを続けましょう。

2、姿勢

坐骨神経痛への対策として正しい姿勢が必要になってきます。
なぜなら、姿勢がしっかりしたものであれば全身の筋肉がバランスよく使われるからです。全身の筋肉がバランス良く使われれば、負担が全身の筋肉に振り分けられ、腰や殿部への負担も軽減されます。

3、ウォーキング
早く歩いてはダメです。頑張って長い距離を歩いたからと言って治るわけではありません。むしろゆっくりです。高く膝を上げて筋肉を伸ばすことを意識しながら歩いて下さい。

 


●住所
〒614-8364
京都府八幡市男山松里15-15
●アクセス
京阪バス「しではら」から徒歩3分
●駐車場
当院裏に5台分あり(
アクセス

Google Map


大きな地図で見る